サクラと援デリヘル業者

援デリ開業マニュアル 短期間で月300万を売り上げるノウハウ(準備編)

投稿日:2019年9月1日 更新日:

これから公開するノウハウはあくまで妄想です。適当な男が適当に考えた話をただ綴ってるものと考えてください((=゚Д゚=))ノ

はじめに

さて、援デリ業者に関しては当サイトでもかなり触れておりますが、実際に業者だった私の経験を踏まえ、援デリを開業するにはどのような準備が必要か、そして日々の業務や女の子の扱い方まで赤裸々に紹介できればと思っています。

ただ、援デリは正直儲かる仕事ではありますが、準備や運営はそれほど容易なものではありませんし、摘発のリスクもあります。毎年多くの人間が援デリ業者から独立をして、自分で事務所を立ち上げては消え…を繰り返している状況です。

point

・当然ながら援デリは違法ですので実行は厳禁です。
・この記事は単なる妄想の産物です。

[準備編] ①援デリ開業に必要なもの

実際に必要なものは細かく上げていけばキリがありませんが、単に援デリを立ち上げるだけであれば、必要なものはさほど多くありません。

①女性キャスト
②打ち子スタッフ
③事務所
④飛ばし口座/携帯電話
⑤運転資金(数十万程度)

最低限必要なものはこんなものです。
実際にお客さんと行為を行い、お金を貰ってくる女性キャストは必須ですが、店長1名+キャスト1名といった極めて小規模な業者もいたりします。

 

[準備編] ②女性キャストの確保

女性キャストがいなければ援デリは成り立ちません。女性キャストが不足していると、十分な本数を獲得することはできませんし、そうすると打ち子さんは基本的に歩合制のため、打ち子も辞めていきます。

優秀なキャストを確保することは援デリの最低限の必須事項になります。

 

優秀な女性キャストとは?

援デリの女性キャストはブサイク、デブ、年増であるといった認識が一般的ですが、実はそうとも限りません。普通の風俗や水商売では稼げない子が働く最後の場所の一つといった側面はもちろんありますが、この業界、実は高スペックな女性も多く存在します。

現在の風俗業界はどこも供給過多であり、よほどの人気店であったりランカーにでもならない限り安泰ではありません。スペックが高くても10時間待機で1日の手取りが2~3万円といった女の子も少なくありません。

そんな中、援デリの場合、ある程度しっかり本数の付けることのできる事務所であれば1日5~10万円稼ぐことも決して非現実的な数字ではないのが実情です。ただし、スペックが高い(*この場合のスペックは顔や体型を指します)女の子が援デリで稼げる優秀な女の子というわけではありません。

援デリにおける優秀な女の子とは20~30分程度でホテルから出てこれる、キャンセル率が低い、無断欠勤や遅刻早退が無い…といった女の子を指します。

いくら優秀な打ち子さんが揃っていたとしても、キャンセルばかりではお店の売り上げはいつまでたっても上がっていきません。

 

女性キャストの探し方(スカウトを使う場合)

キャストは主にスカウトからの紹介、自分でネット上(主にtwitterなどのSNS)で募集をかけて探す方法のどちらかが基本です。

スカウトからの紹介は、そのスカウトにもよりますがある程度女の子を抱えてるスカウトの場合、数日で女の子を確保できるというメリットがあるため、準備期間が短くて済むメリットがあります。

スカウトに渡すバックは売上に対して10%(別2でお客さんを取った場合は2000円)もしくは1本あたり1000円とするケースが多く、女の子が在籍している限り永久バック(ずっと支払わないといけない)となることがほとんどです。

交渉次第では5出勤後に5出勤後に5~10万円買い取りをする場合などもあります。

いずれにせよ、売り上げが5-10%程度減ることになるため、女の子を確保しやすいという反面、コストは掛かります。

じゃあスカウトの探し方はどのようにする?という話になりますが、すでに援デリの業者で働いていた経験がある場合、そこの事務所が使ってるスカウトを紹介して貰うパターンのほか、直接スカウトに自分からアプローチする方法があります(twitterで募集を掛けてるスカウトにDMで接触する方法が楽です)。

 

女性キャストの探し方(自分で探す場合)

自分で探す場合はtwitterなどで募集を掛ける方法が基本です。ただし、すぐに希望の女の子が見つかるとは限りません。むしろなかなか見つけるのは難しいでしょう。

上手く募集を掛ければ、週に5人程度から連絡を貰えることもありますが、実際に稼働しようと思ってる地域までは女の子が来れない、スペックが低く過ぎて使い物にならない…など、正直難しいことが多いです。

また、自分でスカウトしようとしても、メールや電話でのやり取り、面接を含めたら女の子1人に2-3時間は最低でも時間が取られるため、これもなかなか大変です。

実際に店舗を運営している状況で、ある程度落ち着いてきたらそれもいいかもしれませんが、店舗立ち上げ前で、女の子に来月から働いてほしいとお願いしても、女の子はすぐに働きたいと思っていたら他の業者に移ってしまう可能性すらあります。

他には自身の知り合いをそのままキャストにする方もいます。ホストの方が自分のお客さんだった女の子をキャストにする場合もあったりします。

準備編 ②打ち子の確保

打ち子とは、出会い系サイトなどで女性になりすまし、男性に援助交際を持ち掛けて交渉する人のことです。よく勘違いする方も多いですが、全員が全員男性なわけではなく、女性の打ち子さんもそれなりにいます。

実は求人サイトで募集されるケースが多い

打ち子の募集には、メルナビやドカントといった求人サイトを使う方法が一般的です。これらのサイトはメールオペレーター、つまりは出会い系サクラの求人に最も頻繁に使用されている老舗の求人サイトでもあります。

意外に思われるかもしれませんが、普通にアクセスできる求人サイトで募集が行われているのです。

■メルナビ
https://merunavi.jp/

■ドカント
https://www.dokant.com/

現在、援デリ業者で働いている打ち子の中にも、サクラだと思って面接に行ったら援デリだった…という人はかなり多くいます。

これらのサイトのほとんどは
・出会い系のサクラ
・占いサイトのサクラ(現在は減っている)
・援デリ業者の打ち子
のいずれかの募集で使われています。

援デリ業者の場合、ほとんどの業者が営業時間をお昼前後~21時頃としている一方、サクラは24時間営業だったりするので見分けるのは簡単です(援デリの場合は完全に歩合で、全額日払いがほとんど)

ちなみにメルナビとドカントの2サイトを使って求人すると、合わせて月15-20万ほど掛かります。メルナビの方が少し安かったり、掲載位置などによっても多少前後しますが、募集するにも結構な金額が必要になります。

バナーや募集する際の文面によっても反応は大きく異なりますが、2サイト掲載で1日1~3人程度の応募あるいは連絡があります。ただ実際に面接に来るのは10人に1人程度、面接に来た人が実際に働いてくれるのはさらにその1/3程度といったところでしょう。

2サイト掲載して月に2人くらい確保できれば御の字といったところなので、金額に見合うかというと難しい所です。Twitterなどで募集する場合もありますが、こちらもなかなか打ち子を確保するのは難しいです。

準備編 ③飛ばし口座と携帯の準備

これは営業形態によって必要の有無が異なります。

前述したとおり、ネットで求人を掛ける場合には携帯番号を載せておく必要があるので

 

 

 

[準備編] ④事務所の用意

多くの業者はワンルームタイプのマンションなどに事務所を構えています。当然ながら、援デリ業者は業者といっても開業届を出したようなちゃんとした法人ではありません。

そのため、雑居ビルのような場所を借りることは難しく、普通の賃貸マンションやマンスリーマンションを借りるケースが多いです(特にマンスリーマンションは審査が緩いのと、定期的に拠点を変えられるメリットがあるため、そちらの方が多い)。

打ち子の人数などにもよりますが、1R~1Kタイプのマンションを借りて、中に机や椅子、複数台のPCさえ準備してしまえば事務所としては十分なので、意外と準備は楽なものです。

また、遠隔と言って、打ち子が事務所に出勤せず、自宅のパソコンなどで予約を作り、直接女の子にお客さんを当てるケースがあります。業者によっては事務所を持たず、打ち子は全員遠隔で当てるという業者も中には存在し、この場合は事務所の家賃が掛からないため経費を下げることが出来ます。(ただし勤怠管理が難しいというデメリットがかなり大きいため、ほとんどの業者は事務所を持ちます)

 

準備編 ④

 

打ち上げの分配

一般的な援デリ業者は「別2(ホテル代は別で2万円)」でお客さんを募集します。

この\20,000の分配ですが、多くの業者は
・\10,000を女性キャスト
・\1,000-2,000をスカウト
・\4,000-6,000を打ち子
・残りが店の取り分

といった配分で分配しています。店に残る金額は\20,000に対して\2,000~\6,000程度といったところになります。

援デリの女の子はホテルでお客さんと本番行為を行います。ゴム付きでとは言え、1万円で安いと思われる方もいるかもしれませんが、女の子によっては15分~20分で出てくる子もいるため、時間効率はかなり高く、普通の風俗よりも全然稼げるため、援デリで働きたいという女の子もかなりいます。

また、援デリの場合、女の子によりますが、生外(別3)、生中(別4)で対応する場合もあります。

この場合の分配方法も割合的にはほとんど変わらず、別3の場合、
・\15,000を女性キャスト
・\1,000-3,000をスカウト
・\6,000-9,000を打ち子
・残りが店の取り分

といった形で分配を行います。

 

営業時間の決定

 

 

人と数字の管理

これが正直一番大変です。件数をとらないといけない

 

-サクラと援デリヘル業者

執筆者:

関連記事

no image

【間違いだらけ】援デリ業者の本当の見分け方を業者本人が教えます

今やどのサイトにでも必ずと言っていいほど援デリ業者は存在します。その見分け方を業者本人が包み隠さず明かそうと思います。出会い系の攻略サイトなどで書かれていることはほとんど間違いですので、是非参考にして …

Left Menu Icon